効果が強いのはどっち?

最近、注目されている2つのドリンク。ひとつは酵素ドリンク、もうひとつはスムージーです。
酵素ドリンクは、濃縮された原液を水などで割って飲むものですが、スムージーは野菜や果物などをジューサーで加工してドリンクにしたものです。

 

どちらも体に良いと言われていますが、詳しいところはよくわかっていない、という方も多いと思います。そこで、見た目や形式だけの違いでなく、内面的な違いについてもチェックしてみましょう。

 

 

◆酵素ドリンクとスムージー

酵素ドリンク…多くの材料を発酵させているため、発酵した酵素を摂ることができる

 

スムージー…それぞれの食材に含まれている酵素を効率よく摂ることができるが、作ってから時間が経つと品質が劣化してしまう場合がある

 

どちらも酵素を含んでいるという点では同じですが、発酵させた酵素を飲むのかフレッシュな酵素を飲むのか、という点が大きく違う、と覚えておいてください。酵素ドリンクの酵素は発酵している分、善玉の菌なども含んでいるため、より多くの酵素を摂りたいときにおすすめです。

 

 

★お手軽さが魅力、スムージー商品
スムージーは材料を揃えて、作ったり片づけたりと、その手間がかかるというデメリットが気になります。ですが、最近は粉末状のスムージー商品も登場しているため、水に溶かして飲むだけでOK。酵素も摂取することができますし、手軽なため、続けやすくなっています。

 

 

■どちらもバランスよく

どちらも酵素を含んだ飲み物ですから、ご自身の状況に合わせてバランスよく飲むことをおすすめします。そして、商品を選ぶ際には原材料をチェックし、添加物をなるべく含まないものを選ぶよう心がけましょう。